すごいぞ!針治療

認知症でお困りの方は多いと思います。認知症の場合、困るのは本人よりも周りの家族などです。なぜなら、本人に症状の自覚がないことがほとんどだからです。患者は、妄想することが多くなり、看病する方は精神的な負担がかかってきます。驚くことに、認知症も針治療で治ることがあるというのです。認知症にもいくつか種類があり、なかでも多いのがアルツハイマー病によるものと脳血管障害によるものです。認知症は脳の病気ですが、針によって脳の機能を活発化して、治そうというものです。もちろん、薬が有効な場合もあるそうですが、針治療で治ることがあるのなら、ほんとうにうれしいことです。認知症の治療の場合、どこの針治療院でも効果があるのか、という疑問があります。まずは近くの針治療院で相談されるのがいいと思いますが、専門で扱っている治療院のほうが期待はできると思います。
医学が発達しても、いまだ完治することのできない病気があります。そんな難病も針治療での改善が期待できます。家族が笑顔で生活できることはとても幸せなことです。 笑顔
眼科系の病気はたくさんあります。白内障や近視や弱視など、他にも初めて聞く目の病気はほんとうに多いです。これらの病気にも針治療が有効なことがあります。 眼も健康
針治療は直接病気を治すようなものではありません。うつ病になる人はストレスなどの心に問題を抱えている場合が多いそうです。 身体の気の流れを正常にしていくことで、精神も安定していくという考えを基に針治療を行うようです。実際に、針治療で心の安定を得られていくことがあるそうです。針治療は東洋医学です。東洋医学の特徴として、病気を治すというよりも、整えていくうちにうつ病の症状が軽くなっていくというものです。うつ病と言ってもその要因は人それぞれです。そして、要因は一つではなく、いくつかが重なっていることが多いそうです。うつ病をどのように針治療を施すのでしょうか。うつ病の患者さんには共通してある脳内ホルモンが不足しているそうです。それを分泌させるように針を打つそうです。どんな症状でもそうですが、ある特定の症状を得意とする針治療院を見つけて治療を受けるのが、効果があると思います。今はインターネットがありますので、簡単に探すことができます。うつ病を西洋医学で治すには、薬の飲用やカウンセリングによるものが多いですね。特に薬の飲用を心配される患者さんは多いようです。そんな方は、東洋医学の針治療を検討されてはいかがでしょうか。現に、うつ病の場合、西洋医学から東洋医学に移行してくる患者さんが多いそうです。
生理痛で悩む女性も多くいるのではないでしょうか。生理痛がひどいときには鎮痛剤を飲んでいる人も多いと思います。 しかし、生理痛はたんなる生理の時だけの痛みではない場合があります。その人の健康状態がわかるとまでいわれています。冷え性からくる生理痛なら、冷え性を改善することで生理痛を軽くしていくことができます。冷え性からくるのは生理痛だけではありませんから、生理痛以外の、まだ自分では感じていない症状も改善される可能性もあります。ですから、痛みのあるときだけ、薬で抑えるから大丈夫とはいえないのです。 また、針治療ですべての生理痛に効果的というわけではありません。子宮内膜症や腫瘍などからおこる、生理痛は、西洋医学の治療が必要です。適切な治療を受けられるように、検査もちゃんと受けるようにしてください。生理痛は、身体の不調を知らせてくれているのですから、薬に頼らず、改善していきたいものです。
肩こりは針治療の得意とするところです。現代人は肩こりに悩む人は多いと思います。パソコンやホワイトカラーの仕事で、同じ姿勢で作業を続けると、血流が悪くなって肩が凝ります。他の病気と同様、肩こりも、痛みの原因を取り除けば痛みはなくなります。しかし、肩こりに関しては難しいでしょう。今すぐ仕事を辞めてください!なんて言われても、それが可能な人なんてほとんどいないでしょう。針治療は、針を刺すことで、血の流れがよくなり、本来の状態に近づけていきます。肩こりの症状にぴったりの治療法です。 肩こりには針治療がいいのですが、自分で予防することも大切です。同じ作業が続く人は、途中で休憩をしましょう。意識的に体を動かして体の血流をよくしましょう。せっかく針治療に通っても、すぐにもとに戻ってしまいます。慢性的な肩こりに悩む人は、針治療を受けながら生活パターンにも目を向けて、、本来の健康な体を取り戻しましょう。
針治療は、肩こりや腰痛の効果があると知っている人は多いのですが、皮膚科系の症状にも効果があるのはあまり知られていないようです。西洋医学では、皮膚炎の症状には塗り薬を処方することが一般的です。それで完治すればよいのですが、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。アトピー性皮膚炎の治療にはステロイド系の塗り薬が処方されるようですが、それで完治しない人も多数いるようです。 針治療は針を刺すことで、血流を促し、健康な状態に近づけていくことで痛みを和らげていく方法です。アトピーにどのように作用しているのかという詳しいメカニズムはよくわかりませんが、身体の血行がよくなり、新陳代謝がよくなることで、アトピーが改善されていくのであろうと考えられます。 例えば、肩こりの痛みを和らげるために針治療を受けたけれども、肌がキレイになったとか、本来の治療の目的の場所以外のところにも良い効果が現れることは針治療においてはよくあることのようです。つまり、体全体の調子を整えることで目的の患部の痛みが和らぐということなんですね。西洋医学が患部だけを治療しようとするという考えなのに対して、東洋医学は体全体を整えて本来の状態に戻そうとする違いがあるんですね。
野球の試合を観ていると、走塁した選手が肉離れで退場なんて場面がありますよね。急に激しい動きをして、筋肉の一部が切れてしまい内出血を起こしてしまうんですね。肉離れには針治療が効果的と言われています。肉離れを起こしたところに針を刺して刺激を与え、血液を集めて早く回復させるんですね。針治療は症状の回復だけではありません。痛みを和らげるために、針で刺激を与えて神経系の働きを抑制することもあります。 肉離れを起こしやすいのは激しい運動をする人や中年人に多いようです。激しい運動をする場合はストレッチなどをしっかりやって、急激な負担をかけないようにするとよさそうです。中年の人は、自分がまだ若い頃と同じ感覚で動いてしまい、それに体がついて行けないことが多いようです。とにかく、無理をしないよう、自分の体の様子を観察しながら、適度な運動を心がけましょう。 肉離れは一度なってしまうと、癖になってしまうことが多いようです。同じところを何度も肉離れさせてしまうのは、完全に治しきれていないことからおこるようです。ですから、自己判断は禁物です。とりわけ肉離れに関しては、西洋医学の知識も必要になってきます。西洋医学と東洋医学の両方の意見を聞ける病院があるといいですね。
坐骨神経痛の治療には東洋医学の針治療がおすすめです。坐骨神経痛は神経の圧迫によるものです。つまり、西洋医学では治療の効果はありません。もし、あなたが坐骨神経痛で、病院で治療を受けていて、効果が感じられないようでしたら、針治療を受けてみてはいかがでしょうか。 坐骨神経痛は座っていると痛みがあるのですが、ひどくなると立っていても痛みが出るようになり、歩くこともできなくなってしまいます。腰と坐骨の神経が圧迫されることで痛くなるのですが、その原因は様々です。妊娠による坐骨神経痛も起こりえます。直接患部に働きかけるのは、針治療の得意とするところです。針治療以外では、なかなか痛みをとるのは難しいのではないでしょうか。 坐骨神経痛のような、痛みで夜も眠れない様な場合は、まずは痛みをとるのが先決です。針治療はそんな神経系の治療に威力を発揮します。まずは、早く治療を受けることが大切です。放っておくと、ひどくなることが多い病気です。 インターネットで検索すれば、より詳しい治療内容を知ることができると思います。症状に合った治療法で、健康な体に近づけていきましょう。
あなたはぎっくり腰になったことがありますか?ぎっくり腰になったことがある人はその痛みがわかりますね。とにかく早く動けるようになりたいと思うものです。ぎっくり腰になるのは、ちょっとした瞬間になってしまうケースが多いようです。重いものを持った瞬間とか、重いものでなくても、ちょっと物を取ろうとしただけでぎっくり腰になってしまう人もいるようです。 ぎっくり腰を一度経験してしまうと、癖になってしまう人もいます。癖にならないようにするには、普段からマッサージをするなどして、血行をよくしておくことも大切です。でも、実際ぎっくり腰になってしまったら、まずはその痛みを取ることで随分と楽になります。ぎっくり腰は、神経のずれによるものです。ですから、ぎっくり腰には針治療が効果的なんですね。 針治療にはツボに針を刺す方法と患部に針を刺す方法がありますが、ぎっくり腰は患部に針を刺す方法で治療するそうです。患部を直接刺激することで血液やリンパの流れを促進し、正常な状態に近づけていきます。とりわけ、ぎっくり腰の治療は早いほうが効果的です。ぎっくり腰の癖がある人は、すぐに診察してもらえる針治療院を日ごろから探しておきましょう。まだぎっくり腰になったことがない人も、念のため探しておくと良さそうです。
相互リンクや広告掲載などのお問合せは、サイト右上の「お問合せ」からお願いします。